RSeシリーズ 資料ダウンロード

 

高制御信頼バルブRSeシリーズ

ROSS RSeシリーズは、冗長化ベースマウント型 5(3)方弁/2位置バルブです。

主な用途は、①安全排気(3方弁)安全シリンダ復帰(5方弁)です。

冗長化(二重化)構造により、片側のバルブが故障した場合でも正常な側が動作し、危険側故障を回避します。

また、2つのバルブ開閉位置は2つのセンサで出力され、PLCによるバルブ状態監視、故障後の再起動防止制御が可能です。

第三者機関(DGUV TEST)によるパフォーマンスレベル“e”認証品です。

代表的な機能

 

①安全排気(3方弁)*

人が稼働中の機械の危険域に入る際、エリアセンサ等のOFF信号により機械の動力エアを確実に排気します。

 

②安全シリンダ復帰(5方弁)*

シリンダの前進/後進を安全に制御します。

冗長化構造により万一バルブが故障した際にも、正常な側が確実にシリンダを復帰させます。

5方弁/2位置のシングルバルブでシリンダを制御している場合、RSeへの置き換えで安全性が飛躍的に向上します。

 

 

*いずれもバルブ状態監視用のPLCが必要です。


 

▼ROSS 「流体機械安全」の詳細はこちら

https://rossasia.mrc-lp.com/bcp/fpss/